安全フライトの理由

1.産業ヘリコプターで培った豊富な経験

 産業用ヘリコプターで10年以上飛行させてきた実績から、自律飛行できるドローンと違い、技術力を必要とする大型の産業ヘリコプターを操縦してきた経験により、あらゆるトラブルに対応できる技術を取得しています。

2.フライト予定の申請

 野外のフライトには飛行申請が必要です。

 安全に飛行できるエリアかなど確認の上飛行申請を行います。

 また飛行ルートに近隣住民のみなさんにご迷惑がかからない様、周知徹底した連絡を行います。

3.機器を知り尽くしたフライトチェック

 産業用ヘリコプターやドローンなどいくつも所有している弊社だからこそ、本体機器はもちろん周辺機器への機械トラブルのないフライトチェックを行いより安全な飛行が可能となります。

4.準備・安全確保のため1時間前に到着

 気象条件は一刻一刻変動し、近隣各所の動きもそれぞれです。

 現場には最低1時間前には到着し、準備を行い安全な飛行確保に努めます。